2007年10月28日

なめ猫は偉大な文化

なめ猫(なめ猫)をご存知ですか?
なめ猫は1980年の始め頃に流行した、暴走族風の身なりをした猫のことです。
この衣装を着た猫の写真を撮って、それをグッズにした商品が大ブレイクしました。
プロデューサーは津田覚さんです。

最近、このなめ猫は暴走族スタイルからB−BOY風にファッションを変えて、アメリカで再び大ブレイクをしています。
かわいい猫のグッズですから国境は関係ないということなんでしょうね。
連日ワイドショーなどでもこのなめ猫は取り上げられて、今ホットな話題として日本でも新たに注目を集めています。
なめ猫はその愛くるしい猫の写真を使ったグッズがほとんどですが、身なりは暴走族風であったり、吹き出しに書かれる猫の言葉は『なめんなよ』であったりして、かわいい猫とつっぱっているギャップがウケているようです。今でいうツンデレ?いやそれは違うか。

1980年ごろ大ヒットしていたころは、男も女も関係なくみんなこのグッズを持っていたそうで、例えば『なめんなよ』と書かれた帽子をかぶっていたり、なめ猫の写真入のサンダルをはいていたりと、幅広いグッズがオシャレのひとつとして身に着けられていたほどです。

なめ猫のサンダルは女性用の物しかなかったそうなのですが、当時は男子もそれを履いていたらしく、足のサイズがあっていないにも関わらず、誇らしげにみんな履いて街を歩いていたそうです。

今ではほとんど見ることもない商品ですが、当時爆発的に売れたという話は伝説のように語られています。
posted by なめ猫 at 14:03 | TrackBack(0) | なめ猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。